交通事故は減少傾向にある?

交通事故の件数は年々減少しています。
しかしながら、その中でも自転車の交通事故に関しては逆に年々増加傾向にあります。
2000年から2010年までの統計では交通事故の全体の件数は2割減となっていますが、自転車と歩行者の事故は約1.5倍にまで増加しています。
自転車の運転中に負傷するケースは小学生から高校生の若年層に多く見られ、死亡するケースは70歳以上の高齢者に圧倒的に多くなっています。

これは自転車が子供から大人まで誰でも簡単に乗車できるからこそ起こり得る事故といえます。
自動車の交通ルールは運転免許証を取得するときに教習所に通って勉強する機会がありますが、自転車の交通ルールは存在していても、現代社会において浸透まではしていません。
むしろ徹底して遵守されていないのも現状です。
自転車と歩行者の交通事故というのは大きな社会問題となっています。
また、自転車は車体が軽いゆえに、「速度を出さないと大きな事故には繋がりにくい」と乗車しているときに思いがちです。
速度が出ていなくとも、歩行者や対自転車と接触し、転倒すれば骨折することもあり得ます。
時には頭を打ちつけ、最悪の場合に死に至る可能性は否定できません。

自転車は車と同じで走る凶器であることを認識しなくてはなりません。
ここでは自転車の意外としられていない交通ルールや、知っているけどもなかなか守ろうとしていないことを紹介しながら、自転車の交通事故にはどのようなことが関連しているかをご紹介していきます。

Copyright © 2014 交通事故は自転車事故の方が増えている All Rights Reserved.